不眠症改善提案所_TOP » 寝具で不眠症対策 » ベッドパッド

ベッドパッド

ベッドパッドとは、マットレスの上に敷いて使い、寝心地を調整する寝具です。マットレスパッドとも言います。シーツをかぶせて使用するので、肌には直接触れません。

不眠症の対策としてベッドパッドを使用するなら、より効果の高いものを選びたいところです。ここでは機能面を重視して、ベッドパッドを紹介します。

不眠対策なら機能で選ぶ!
ベッドパッド早見表をCHECK

ベットパッドは2つのタイプから選ぶ

1、ぽかぽか温めタイプ

素材や電気の力によって、体を温めるタイプのベッドパッドです。そもそも眠りに付けない、入眠に時間がかかる…などの不眠症歴の長い人の症状におすすめです。

ぽかぽか温めタイプと不眠症の関係

睡眠モードのスイッチを入れるには、体温を下げるために手足から体内の熱を出す必要があります。しかし寝付きが悪い人の多くは、手足が冷えているため熱の放出がうまくできず、体温を逃がすことができません。[注1]

2009年の日本看護科学会誌の発表によると、不眠症状を訴えていた入院患者に足浴で足先を温めてもらったところ、患者たちが「よく眠れた」と感じやすくなったことが報告されています。[注2]
就寝時の体温は自然と少しずつ下がるため、朝まで体に熱を加え続ける必要はありません。睡眠中の体温の変化に合わせて、適度に温めてくれる寝具を選ぶことが理想です。

温めタイプの
おすすめメーカーはこちら

2、ふかふか弾力タイプ

体を預けると包み込むように体の形に沿って沈み込む「低反発素材」など、クッション性の高いタイプのベッドパッドです。寝返りが辛い、寝苦しいなど不眠症の症状が比較的軽い人におすすめです。

ふかふか弾力タイプと不眠症の関係

マットレスが体に合っていない場合、肩や腰などの一部に圧力が集中します。体が浮き、余計な負担が掛かっている状態です。就寝中の気づかぬ間に、無理のある姿勢になってしまうので、睡眠の質は下がる一方。起きた時に、痛みや疲労感を覚える原因になります。

柔らかく、適度な弾力を持った素材の寝具であれば、深い眠りに入りやすい寝姿勢をキープすることが可能です。体の痛みで熟睡できないと感じている人は、柔らかな低反発素材を選ぶのが良いでしょう。

弾力タイプの
おすすめメーカーはこちら

不眠歴の長い人へ!
ぽかぽか温めベッドパッド特集

眠りにつくことがなかなかできない不眠歴の長い人向けに、ぽかぽかタイプのベッドパッドを紹介します。

【必読】電気寝具の心得

電気寝具のメリット

冬は布団の冷たさが気になり、寝付くまで時間がかかることもあります。電気毛布はすぐにポカポカと温かい睡眠環境を整えることができるので、すぐ体があたたまります。

またストーブやエアコンで部屋全体を温めるよりも電気代がかからないので、光熱費の節約にも効果的です。

電気寝具のデメリット

電気寝具でよく心配される点は、長時間の使用による低温やけどです。また、疲れた日に一晩中電気毛布を付けっぱなしにすると、気付かないうちにたくさんの汗をかいて脱水症状を引き起こす可能性があります。水分を奪うため、お肌の乾燥に繋がることも…。

疲れを取るためには、眠りが深まるに従って徐々に体温を下げる必要があります。しかし電気毛布で体を温め続けると、体温が下がらず、疲れが取れにくくなってしまうのです。

睡眠不足で疲労困憊…
安心して使えるベッドパッドは?

イメージ

睡眠の妨げとなる大きな要因のひとつに「ストレス」が挙げられます。ストレスなくリラックスできる睡眠環境を整えるために注目したいのは、安全性の高い寝具。
ただのベッドパッドではなく、「医療機器」と届出されているベッドパッドを選ぶのがおすすめです。

寝具で温熱治療!3つのベッドパッドを比較

ここでは医療機器として届出され、温熱治療または電位治療のできるベッドパッドを3つ紹介します。医療機器は、効果・性能を認められたことを示し、商品を信頼できる証です。医療機器は4つのクラスに分類され、クラスが低いほど健康被害のリスクが少ないことを意味します。[注3]

温める仕組み 医療機器クラス分類 製造国

メディカーボン 公式HP≫

炭素繊維 一般医療機器(クラス1) 日本

ローズテクニー 公式HP≫

電位 管理医療機器(クラス2) 日本

イオネスアルファ 公式HP≫

電位 管理医療機器(クラス2) 中国
温める仕組み 医療機器クラス分類 製造国

メディカーボン
公式HP≫

炭素繊維 一般医療機器(クラス1) 日本

ローズテクニー
公式HP≫

電位 管理医療機器(クラス2) 日本

イオネスアルファ
公式HP≫

電位 管理医療機器(クラス2) 中国

メディカーボン

↓画像タップで公式HPへ↓メディカーボンベッドパッド画像
引用元:ファブリックエイド株式会社
(https://www.medicarbon.jp/product/メディカーボン-ベッドパッド-シングル)

医療機器クラス分類 一般医療機器(クラス1)
  • 自然素材で体を優しく温める
    炭100%の植物性炭素繊維を布地に使用。炭の繊維から放射される遠赤外線が体内の水分を活性化させることでめぐりを改善し、体を温めます。
    電気を使わないため、体への負担なく自然の温かさを得られるベッドパッドです。
  • 睡眠効果が医学的にも認められている
    関西医科大学健康科学センターの木村穣教授らによる研究チームによって、植物性炭素繊維の睡眠効果が調査されています。調査の結果、植物性炭素繊維によって入眠時間が短縮され、中途覚醒の回数も減少し、睡眠効率がアップすることが分かりました。[注4]

メディカーボン公式HP

メディカーボン利用者の口コミレビュー

アルコールで酔わないと寝付けないのに、一度眠ってしまうといくら寝ても眠り足りないほどでした。メディカーボンのベッドパットを試してみると、全身ぽかぽかと温かくて快適。以前よりも眠りやすいですし、寝起きも良くなりました。(40代/男性)

いつも足や手の先が冷え切っていて、布団に入ってもなかなか眠れませんでした。メディカーボンを使うと末端まで温まるので、以前よりずっと眠りやすいですね。朝起はすぐ靴下を履かないと辛いほどでしたが、今はしばらく手足が温かいままで感動しています!(年齢不明/女性)

メディカーボンを使うようになって、お布団の数が減りました。電気布団もすっかり使わなくなりましたね。メディカーボンだけで本当にあったかいんです。血行が良くなったからか体が冷えにくくなり、生理痛に悩まされることもなくなりました!(年齢不明/女性)

商品名 メディカーボン
価格
(税込)
64,800円
素材 中材/指定外繊維(植物性炭素繊維)、ポリエステル
表地/ポリエステル、綿
裏地/ポリエステル、綿
サイズ 幅/約95cm
長さ/約195cm
重さ/約1,550g
※セミダブル・ダブルも別途あり
カラー
製造国 日本製
問い合わせ

https://www.medicarbon.jp/

ローズテクニー

↓画像タップで公式HPへ↓ローズテクニーベッドパッド画像
引用元:株式会社 京都西川
(https://www.kyoto-nishikawa.co.jp/products/8689/)

医療機器クラス分類 管理医療機器(クラス2)
  • 電位治療と温熱治療のコラボ
    ローズテクニーは、「寝ながらできる健康管理」をコンセプトに作られたベッドパッドです。
    京都西川の開発した「特殊カーボン面発熱体」により、めぐりを改善します。さらに、マイナス電位を体にかけることで血液中の粒子のバランスを調節し、心地よい睡眠をサポートします。この温熱と電位の治療を交互に運転する機能によって、寝ている間の健康管理を行います。
  • 高機能な素材で低温やけど対策
    クッションには、吸汗性の高いポリエステル固わたを使用しています。発熱体をクッションで挟むことで肌への接触を和らげ、低温やけどのリスクを軽減しています。

ローズテクニー公式HP

ローズテクニー利用者の口コミレビュー

友人に「これを使うと体調が良い」と言われてローズテクニーを購入しました。いつもは夜中に目を覚ましてしまうのですが、ローズテクニーはぽかぽか温かくて気持ちが良く、おかげさまで朝もスッキリ目覚められました。(50代/女性)

冷え込みが激しくなってきたころにローズテクニーを使ってみました。はじめは暑すぎて電源を切ってしまうほどでしたが、3日目でようやく体が慣れてきたのか、朝まで心地よく過ごせるようになりました。起きた時の腰痛が軽くなっているような気がして、満足しています。(60代/男性)

肩こりや冷えといった不定愁訴に悩まされている母にベッドパッドをあげました。眠るときに足が冷えにくくなったと喜んでいます。いつもしんどそうにしていた母ですが、「最近体調が良い」と言っており、買って良かったなと思いました。(30代/女性)

商品名 ローズテクニー
価格
(税抜)
180,000円
素材 中材/高機能吸汗ポリエステル固わた、特殊カーボン面発熱体
表生地/ポリエステル100%(抗菌防臭・難燃・防汚加工)
裏生地/ポリエステル100%(抗菌防臭・難燃・防汚加工)
サイズ 幅/90cm
長さ/200cm
高さ/3.5cm
※サイズ違い別途あり(Rタイプ・Lタイプ・ハイバランスタイプ・多機能・寝ごこちアップ)
カラー ブラウン
製造国 日本
問い合わせ

https://www.kyoto-nishikawa.co.jp/techny/

イオネスアルファ

↓画像タップで公式HPへ↓イオネスアルファ_ベッドパッド画像
引用元:株式会社アテックス
(https://www.atexdirect.jp/fs/atexdirect/ax-hm1010s)

医療機器クラス分類 管理医療機器(クラス2)
  • 足元からの電位治療で眠りをサポート
    足元の部分に電位シートが入っているベッドパッドです。さらに下半身全体に作用するようにヒーターも内臓されており、全身へヒーターの熱がぽかぽかと伝わるように調整されています。このW効果で、心地よい眠りへ導きます。気になる電気代は1時間1.4円となり、一晩6時間ほどの使用とすると計8.4円。お財布にも優しい電位治療器です。
  • 電磁波99%カットで安心リラックス
    表面は綿やポリエステル、クッションの中は竹炭ウレタンやポリエステル生地など、いくつもの素材によって多重構造になっています。
    異常な温度の上昇でヒーター線と綿やポリエステルが接触しないよう、特許を取得した配線技術でヒーター線を固定。安全性にも配慮されたベッドパッドです。

イオネスアルファ公式HP

イオネスアルファ利用者の口コミレビュー

最初のうちはあまり温かさを感じなかったので、効いているかどうか疑問でしたが、いざ眠ってみると快適ですね。普段から眠りが浅く、ちょっとしたことですぐ目が覚めてしまうのですが、イオネスアルファを敷いてから目覚める回数が減りました。ここ最近はお腹の調子も良いです。(年齢・性別不明)

足元が温かくなるので、冬を越すのに重宝しました。丸まって眠るクセがあると足元が寒くなり、意識して足を伸ばさないと温まれなかったのがちょっと残念。それでもこれを敷いてからは夜中に寒さで目覚めることがなくなり、目覚めもスッキリしています。これからもお世話になるでしょう。(年齢・性別不明)

熱線が足元に集中しているタイプのベッドパッドですが、体を温めるには十分です。ひどい冷え症の母と、最近冷えに悩んでいるらしい娘にもあげました。古家ということもあり夜には冷えるのですが、これを使うようになってからぽかぽか温かくて眠りやすいです。(年齢・性別不明)

商品名 イオネスアルファ
価格
(税込)
28,080円
素材 中材/竹炭ウレタンフォーム、中空糸抗菌樹脂綿
表生地/綿70%、ポリエステル30%(キルティング加工)
裏生地/ポリエステル55%、綿45%(キルティング加工)
専用シーツカバー/綿53%、ポリエステル47%(通常タイプ)、ポリエステル85%、綿15%(速乾タイプ)
サイズ 幅/100cm
長さ/200cm
高さ/3.2cm
重さ/2,800g
※セミダブル別途あり
カラー ベージュ
製造国 中国
問い合わせ

https://www.atex-net.co.jp/products/bed/

ベッドパッド早見表をもう1度CHECK

寝返りスッキリ!?
ふかふか弾力あるベッドパッドならこれ

体の形にフィットするふかふかタイプのベッドパッドは、体圧を一点に集中させずに分散させてくれます。
ここでは睡眠を変える「ふかふか弾力タイプ」のベッドパッドのうち、とくに評判の高い3つの商品を紹介します。

エアウィーブ

エアウィーブ画像
引用元:airwave
(https://sleep.airweave.jp/item/1_82011_1.html)

中が特殊なファイバー素材になっているエアウィーブ。頭から肩が接する部分を柔らかくすることで、寝返りがうちやすく、睡眠時の血流や熱発散を滞らせない寝姿勢をキープできます。カバーは丸洗い、中材もシャワーで水洗いできるのでお手入れが簡単。アスリートの愛用者も多い、人気のベッドパッドです。

エアウィーブ利用者の口コミレビュー

起きるときにいつも腰が痛かったので、どうにかならないかと思いエアウィーブを購入。使い始めてから腰痛が楽になり、朝起き上がるのも苦ではなくなりました!値段が高いので買うかどうか悩みましたが、腰痛で眠れない・起き上がれない方にはオススメできます。(40代/女性)

妻へのプレゼントにしました。妻は病院で診てもらうほど腰を痛めており、夜中に痛みで何度も起きるほどでした。この製品を敷いて眠るとあまり痛まないらしく、朝スッキリと目覚めていることが増えてホッとしております。(40代/男性)

お値段が高いのがネックですが、実店舗で寝心地を試してみたところ非常に気に入ったので購入に至りました。似たようなベッドパッドを買ったこともありましたが、私には合わず返品したこともあります。実際に寝心地を試してみるに限りますね。(50代/女性)

エアウィーブの商品情報

価格
(税込)
64,800円
サイズ シングル100×195×6cm(約7kg)
カラー ホワイト
製造国 不明

トッパー

テンピュール トッパー7画像
引用元:TEMPUR
(http://jp.tempur.com/mattress/topper/)

NASAから公式に認定された低反発のテンピュール素材が、体全体を包み込んで体圧を表面積全体へ分散。体への負担を軽減します。
季節に合わせて両面を使い分けることで、より快適な寝心地に。A面は涼しさを感じられるダブルジャージー素材、B面は肌触りの良いふわふわなベロア素材になっています。

トッパー利用者の口コミレビュー

いつもの布団にトッパーを敷いて眠ってみました。1日目からとても快適です。腰痛持ちでしたが、腰が楽になってきました。トッパー自体が少し重いので、布団をしまったり出したりするときに苦労しますが、難点はそれくらいですね。(年齢不明/男性)

ベッドのマットレスと合わせて使っています。買う前には「薄そうだけど大丈夫かな…」と心配でしたが、実際に眠ってみると気になりませんでした。はじめは硬さを感じますが、自重で沈み込んでいくのが気持ち良くて手放せません。(年齢不明/男性)

横になると腰が沈み込んで、肩や背中に負担がかかっていました。コリがひどくてなかなか寝付けなかったのですが、このベッドパッドを使うと身体全体で腰を支え、肩や背中の負荷が分散されていく感覚がします。おかげでコリが改善され、眠りも気持ちよくなりました。(年齢不明/男性)

トッパーの商品情報

価格
(税抜)
90,000円
サイズ シングル97×195cm
カラー ホワイトA面:ホワイト
B面:クリーム
製造国 デンマーク

チョイス

チョイス_ベッドパッド7画像
引用元:アキレス公式
(http://achilles-webshop.com/shop/pad/g/gMATK021/)

コンフォートホテルが独自に開発したベッドパッド。ホテルクオリティーの寝心地が追及されています。低反発素材で厚さ1.2cmのパッドが体圧を吸収し、腰や肩の負担を軽減して快眠へ導きます。株式会社チョイスホテルズジャパンの調査によると、ホテルでの利用者の89.5%に「体が楽だった」と評価されています。

チョイス利用者の口コミレビュー

コンフォートホテルは寝具が素晴らしいと評判なのですが、まくらとベッドパッドがすごく気持ち良かったです。オンラインでまくらやベッドパッドが買えるそうですね。「売ってほしい!」という声が上がるのも納得の寝心地でした。(年齢不明/男性)

ここのベッドは寝心地が良くて最高でした。まくらや足枕も絶妙です。質の悪い寝具を使うとすぐに腰が痛くなってしまうのですが、チョイスの寝具は腰を痛めずに、朝もスッキリ起きられました。(年齢不明/男性)

夫婦でホテルに泊まった時に、夫がベッドをとても気に入っていました。こちらの寝具は通販で販売されているらしいので、ピローやベッドパッドを一式そろえようかと検討しています。(年齢不明/女性)

チョイスの商品情報

価格
(税込)
16,000円
サイズ シングル
12mm×1000mmm×1970mm
カラー ホワイト
製造国 日本(カバー:中国製)

ベッドパッドとは?よくある疑問

ベッドパッドの使い方や敷きパッドとの違いが分からない…。このように悩める人のためにここからはベッドパッドの使い方や敷く順番、種類についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてください。

ベッドに敷く順番は?

マットレスを保護する役目があるため、マットレスの上に敷くようにしましょう。マットレス→ベッドパッド→シーツといった順番が一般的です。敷きパッドを使う際は、シーツのさらに上から敷いてください。以下にベッドの設定順番を下から順番に記載していますので参考にしてください。

  1. 除湿シート
  2. マットレス
  3. マットレスプロテクター
  4. ベッドパッド
  5. シーツ
  6. 敷きパッド

上記が一般的なマットレスの上に敷くものの例になりますが、すべて揃えなくてもOK。ベッドパッドの上に直接寝ても快適であれば、あえてその上にシーツを敷く必要はありません。一人ひとりの好みに合わせてセッティングしてくださいね。ただ、マットレスを保護するプロテクターやヘッドパッドはなるべくセットしておいたほうが、快適に眠れます。「注5」

ベッドパッドって使う意味あるの?

ベッドは長年にわたり使うものなので、ベッドマットレス本体自体は洗濯できません。そこで活躍するのがベッドパッドです。汚れ防止のためならベッドシーツだけでいいと思われがちですが、それでは不十分。ベッドシーツだけでは毎晩コップ1杯分の汗による湿気を吸収することができず、シーツの下に染み込んでしまいます。その結果、マットレスのカビの原因に。染み込んだ汗や湿気を吸湿してくれるのがベッドパットなのです。また、ベッドパットは薄手のパッド1枚敷くだけで、ベッドマットレスに直接眠るよりも身体への負担を軽減できるといったメリットも。最近では身体の負担を軽減させる目的よりも、寝心地を重視した商品も販売されています。いわゆる、健康快眠マットレスと呼ばれているものです。ベッドパット1枚敷くだけで質の良い睡眠がとれるようになるので、快眠に役立ててください。「注6」

敷きパッドとの違いは?

ベッドパッドと敷きパッドの違いは、パッドの上に必ずシーツを掛けて使うか、もしくはシーツをかけずに直接上に寝て使えるかです。ベッドパッドは必ず上からシーツを掛けて使う寝具になります。使う目的としては、湿気を吸湿してベッドのマットレスの本体を長持ちさせるのと、ベッドの寝心地を良くすることです。メーカーによってはマットレスパッドや健康マットレスのオーバーレイ(上から覆う)タイプとも呼ばれている商品もあります。

一方、敷きパッドは直接上に寝ることができて、シーツをかける必要がありません。使用する目的は、季節の変わり目や気温に応じて冬は暖かく、夏は涼しくなるようにといった湿気の吸湿です。より快適に睡眠をとるために使われる寝具です。メーカーによってパッドシーツ、汗取りパッドとも呼ばれています。

このように、ベッドパッドは必ず上からシーツを掛けて使う寝具で、敷きパッドはシーツをかける必要がなく直接上に寝ることができる寝具、という点が大きな違いです。

洗えるの?洗えないの?

ベッドパッドは素材によってピンからキリまでさまざまあり、洗濯に向いている、向いていないものもあります。ポリエステルわたのベッドパッドは洗濯が可能な素材です。しかし、中材が安いポリエステルわただと、洗濯で繊維が絡みダマになって寝心地が悪くなる可能性があるので注意が必要。コットン(綿)わたのベッドパッドも洗濯が可能です。ただポリエステル同様、洗濯によって中材の繊維が絡んでダマになる可能性は避けられません。

ウールわたのベッドパッドは弾力性があって寝心地は良いですが、水洗いに弱いのが弱点。洗う際はクリーニングに出すことをおすすめします。テンセル®わたのベッドパッドは汗の吸収力が抜群で寝心地も◎。しかし洗濯に弱く、毛羽立ちしやすいのが残念なところです。

このように、素材によって洗濯はしないほうが良いベッドパッドも存在します。それぞれの素材の性質に合った方法で手入れするようにしましょう。「注5」

寝汗対策は必要?やっぱり洗えた方がいいの?

一見すべての寝具を洗ったほうがいいように思えますが、肌に触れるシーツや敷きパッドを定期的に洗うだけで寝汗対策はOKです。シーツの厚みにもよりますが、シーツ越しにベッドパッドへと寝汗が浸透していくため、季節ごとに洗濯するようにしましょう。敷きパッドに関しては、一番肌に触れているため定期的に洗うことが大切。1週間前後を目安に洗ってくださいね。

また、夏冬問わず、人は睡眠中に汗をかいています。こまめに洗濯するようにしましょう。暑い時期は汗をたくさんかくため、頻繁に洗っても問題ありません。

反対に、一番肌に触れる敷きパッドやシーツを洗わないでいると、汗による湿気やダニの発生、黄ばみの原因となります。そのため、1週間に1回は洗って天日干しをしてするように心がけてください。「注5」

夏も冬も年中使える?

ベッドパッドは夏、冬どちらでも使えて、素材によって吸湿性、発散性と分かれています。各素材によって特徴があり、ウールは吸湿性・発散性に優れており、湿度がこもることなくマットレスを快適に保ってくれるでしょう。コットンやポリエステルもそれぞれに特徴があり、一番身近なのが値段もお手頃で購入しやすいポリエステル素材ではないでしょうか。年中通して寝ている間の汗をマットレスに通さないように保護してくれるだけでなく、より質の高い睡眠をサポートしてくれる働きがあります。暑い時期は、シーツを冷却シーツに変えて調整可能。寒い時期は体を温めてくれるベッドパッドもあるため、臨機応変に対応できるのが魅力です。

ただし、電気寝具の場合、夏は使えないという欠点があります。さらに電気代や低体温症状といった費用やリスクを考えると、電気系の寝具は少しハードルが高め。お財布に優しく安全に快適な睡眠をとるために、電気系以外の、ベッドパッドを検討してみてはいかがでしょうか。

結論!ベッドパッドを使うべき理由はこれ

手軽に寝心地を良くできる

ベッドパッドは、今使用しているマットレスに敷くだけでセット完了です。寝心地を調整したり、汗や皮脂からマットレスを守ったりさまざまな働きがあります。医療用機器として病院で使われているため安全性も高いのが魅力です。汗とりタイプや寝心地調整タイプ、両方を兼ね揃えているタイプとバリエーションはさまざま。簡単に設置ができるため、使い用途によって変更ができます。

マットレスの買い替えよりもお買い得

マットレスよりも安価で購入することができるベッドパッド。水や洗剤で洗うことができないマットレスを汗や皮脂から保護してくれます。そのため、マットレスを長持ちさせるのに欠かせない寝具道具の一つといえるでしょう。マットレスを長持ちさせてくれるので、長い目で見ると買い替えるよりもかなりお得になります。いくら品質の良いマットレスを購入しても、汗や皮脂を長年吸収し続けると、劣化スピードが早くなります。マットレスを劣化から守るためにも簡単に始められるベッドパッドを取り付けてみてはいかがでしょうか。

この記事を作るのに参考にしたサイト・文献・脚注

あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法
あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法