不眠症改善提案所_TOP » 寝具で不眠症対策 » マットレス » マットレスの選び方

マットレスの選び方

こちらでは素材別のマットレスの選び方を紹介しています。ひと口にマットレスといっても、使われている素材は多種多様です。素材ごとの特徴やメリット・デメリットを知ったうえで、自分に合ったマットレスを見つけましょう。

種類ごとにみる!マットレスの価格相場表

価格相場 買い替え
or
今のマットレスにON
高反発ウレタン 3~数十万円 今のマットレスにも載せてOK
低反発ウレタン 1~30万円 今のマットレスにも載せてOK
ラテックス 4~35万円 今のマットレスにも載せてOK
ボンネルコイル 1~2万円 買い替え
ポケットコイル 2~5万円 買い替え

不眠対策なら品質で選ぶ!
厳選マットレスはこちら

クッション性のマットレスの種類

ウレタンタイプ

高反発ウレタン

適度な硬さが持ち味の高反発ウレタンには、寝返りが打ちやすいという特徴があります。また、耐久性に優れているというのも特徴の1つです。価格相場は安い値段で3万円から、高いものでは数十万円するなど、大きな開きがあります。

メリット
  • 体の圧力を分散し、自然な寝姿勢を保つことができる
デメリット
  • 高価で、値段が安いものでも3万円ほどする
  • 通気性があまりよくないので、夏は暑く感じる
  • 季節によってマットレスの硬さが変わり、とくに夏には柔らかくなり、高反発マットレスの機能が落ちることがある
  • 高反発ウレタンの価格相場
    安い値段で約3万円
    有名ブランドの商品になると5万円から数十万円ほどの値が付くマットレスもある
こんな人におすすめ
  • 硬めのマットレスを探している人
  • 腰痛に悩んでいる人
  • 朝の目覚めがスッキリしない人
  • 体重が重めの人

低反発ウレタン

低反発マットレスはNASAが考案した衝撃吸収材です。体の重みや体温に反応して体が徐々に沈んで、マットレスに包み込まれるような寝心地があり、体を圧迫しません。そのため寝返りの回数が少なくなり、睡眠の質も安定すると言われています。

メリット
  • 低反発マットレス特有の沈み込みで包み込まれる感覚がある
デメリット
  • 気温によってマットレスの方さが変わる
  • 通気性が悪く、夏は寝苦しい場合がある
  • 洗濯に不向き
  • マットレスが柔らかすぎると体が沈んでしまい、腰に負担がかかる
  • 低反発ウレタンの価格相場
    総合的な相場は1~30万円
    低価格のもので1~2万円、有名ブランドになると10~30万円になる
こんな人におすすめ
  • 柔らかい寝心地が好みの人
  • 長時間寝ることが多い人
  • 体重が軽い人

ラテックスタイプ

ラテックスは天然ゴムの樹脂を使用した高反発素材のマットレスです。天然ゴムの保有量が80%以下なら「合成ラテックス」、80%以上は「天然ラテックス」、100%であれば「天然ラテックス100%」と明記されます。天然ゴムの保有量が高ければ高いほど劣化に強いという特徴があります。

メリット
  • 体圧の分散性が高い
  • 適度な反発力がある
  • 耐久性が高い
  • 処分が楽
  • 抗菌性が高く、衛生的
デメリット
  • 通気性が悪く、夏場はムレを感じやすい
  • 天然ラテックス100%でない場合、ゴムの臭いが強い
  • マットレスが重い
  • ゴムアレルギーには不向き
  • ラテックスタイプの価格相場
    4~35万程度
こんな人におすすめ
  • 寝心地の良さを求める人
  • 体の重い人
  • マットレスの衛生面が気になる人

スプリング性のマットレスの種類

ボンネルコイルタイプ

らせん状に巻いたコイルスプリングを使用したマットレスがボンネルコイルです。弾力性が強く、マットレスは適度な硬さになります。コイルが中に入っているため通気性が良く、湿気がこもりにくいという特徴も。コイルとコイルが連結しているマットレスなので、動くと揺れが大きいことがあります。

メリット
  • 手ごろな値段で購入できる
  • スプリングのおかげで安定感がある
デメリット
  • コイル同士の連結により、揺れが気になる場合がある
  • マットレスがやや硬いため、柔らかいマットレスが好みの人には不向き
  • ボンネルコイルタイプの価格相場
    シングルサイズで1~2万円
こんな人におすすめ
  • 手頃な値段のマットレスが欲しい人
  • 初めてベッドを購入する人
  • 適度な硬さのマットレスが好みの人

ポケットコイルタイプ

コイルスプリングを1つずつ小さな袋に入れてマットレスに敷き詰めたものがポケットコイルマットレスです。体を点で支えるため、体圧を分散させることができます。体にフィットした感覚が味わえて、寝心地の良さも抜群。価格はやや割高になります。

メリット
  • スプリングマットながら揺れが少ない
  • 体にフィットするので寝心地が抜群
  • 価格はやや高めだがコスパは良い
デメリット
  • 硬いマットレスが好みの人には柔らかいと感じる
  • 体重が重めの人は体が沈んでしまう可能性がある
  • ボンネルコイルと比べると通気性が劣るため、夏場は暑い場合がある
  • ポケットコイルタイプの価格相場
    シングルサイズで2~5万円ほど
こんな人におすすめ
  • 肩や腰への負担が気になる人
  • 柔らかいマットレスが好みの人

マットレス以外にも探す!
不眠症対策におすすめの寝具とは?

あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法
あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法