不眠症改善提案所_TOP » 人それぞれ!不眠症のさまざまな症状 » 秋の眠りにくさ

秋の眠りにくさ

季節の変わり目は眠りにくさを感じる人が多い時期。特に秋は不眠になりやすい季節なのだとか。どうして秋は眠りにくいのか、調べてみました。

季節の変わり目で眠りにくい秋

夏から秋にかけては、日照時間が短くなったり気温が下がったりします。これらの環境の変化が、ホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こし、不眠に繋がっていくのです。

  • 「疲れているのに、眠れない」
  • 「十分な睡眠をとっているのに、起きても疲労感が抜けない」
  • 「なぜか集中できない」

こんな自覚症状がある方は、季節の変わり目特有の不眠症かもしれません。

不眠症の症状は、寝つきの悪い「入眠障害」・睡眠中に何度も目覚める「中途覚醒」・ぐっすり眠った気がしない「熟眠障害」など。これらが日常に支障をきたすと「不眠症」と診断されます。

秋が眠りにくい原因

短くなる日照時間に体が対応できていない

日照時間は睡眠に大きく影響しています。夏から秋にかけては、日照時間が縮まっていく季節。太陽が出ている時間が短くなっていくことに、体がうまく対応できず不眠に繋がっているのだと考えられています。

夏から秋にかけた大きい温度変化

安眠の一番の敵は「気温差」。睡眠にかかわる自律神経が温度によって大きく左右されるからです。温度変化が大きい秋では、体温調節をする自律神経・副交感神経のバランスが崩れてしまい、夜になっても眠れないという不眠の症状につながります。

秋の眠りにくさ対策

体を温める寝具で不眠対策

眠る前の体温は睡眠のキーポイント。人は眠る時に熱を放出し、眠りが深まると体温が低くなるメカニズムを持っています。寝る前の体温がある程度保たれていないと、体温調節がうまくいかず上質な睡眠が得られません。[注1]

秋は冷え込み始める時期なので、体温調節がスムーズに行われず、浅い眠りになってしまうことも。上質な眠りを得るためには「寝具対策」を行うと良いでしょう。体温を高めてくれるベッドパッドや毛布などを利用することで、安眠を手に入れられます。

スポーツの秋!運動をして不眠対策

少し疲れている時やだるい時こそ、運動をすると寝つきがよくなります。厚生労働省が発行している「健康づくりのための睡眠指針」では、運動が寝つきをよくし、夜中に起きるのを防ぐことが発表されました[注1]

例えばウォーキングなどは、脳でセロトニンを発生させます。セロトニンは夜になると、睡眠ホルモンのメラトニンに変化。これが安眠に繋がるのです。秋は体を動かすのに丁度良い気温で、天候が良い日が続きます。スポーツをして不眠症対策をしましょう。

食欲の秋!食事から不眠対策

食欲の秋は、美味しい食べ物がいっぱいで、たくさん食べたくなってしまう季節。食欲の秋なので、食事からも不眠症対策をしてみませんか?

不眠症には、ホットミルクティーやハーブティーがお勧めです。これらには、体を温める効果があり、寝る前に飲むことを習慣づけると体温を高く保てるようになるという研究結果が報告されています[注2]。睡眠前の体温を高くすると、より眠りにつきやすくなるので嬉しいですね。だんだん冷え込んでくる秋にピッタリの不眠対策です。

この記事を作るのに参考にしたサイト・文献・脚注

あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法
あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法