不眠症改善提案所_TOP » 不眠が続くとどうなるの?睡眠不足の影響

不眠が続くとどうなるの?睡眠不足の影響

不眠が続くとどうなるのか

ストレスを感じやすい現代社会では、不眠に悩まされている方が非常に多いと言われています。しかし、不眠状態が続くと心や体に悪影響を与えてしまうことに。ここでは、不眠が続くとどのような状態に陥るのか、ページごとにまとめました。不眠症は悪化してしまう前に適した対策をとる必要があります。もし「寝つきが悪い」「眠りが浅い」などの症状がある場合は、早めに受診しましょう。

寿命は睡眠時間に比例する?不眠と寿命の関係とは

不眠が続くと、体は紫外線や有害物質などの影響を受けやすくなります。そのため、細胞がダメージを受けて細胞分裂を繰り返すように。細胞分裂の回数は一生のうちで決まっているので、何回も繰り返すとそのうち細胞が分裂しなくなります[注1]。分裂しない細胞はダメージを受け続け、皮膚や内臓の異常を引き起こす原因に。結果として、不眠が続くと体のサイクルが狂い、寿命が縮まってしまいます。

また、睡眠時間が短くなると、細胞分裂に関わるテロメアを短縮させるという報告も[注2]。テロメアが短くなると細胞分裂の回数が減ってしまうため、体に異常が起きやすくなり寿命が縮まる原因を作ってしまうのです。

このページでは、睡眠時間と寿命の関係について紹介しています。不眠がもたらすテロメアへの影響もまとめているので、眠れない日が続くという方は必見です。

あまりにも不眠が続くようならうつ病の可能性も

睡眠障害はうつの代表的な症状として知られており、特に不眠はうつ病を見分けるために大切な要因です[注3]。中には不眠症状で病院へ行き、うつ病と診断されるケースもあります。また、反対に不眠が続くことで体のだるさや気分の落ち込みなどがひどくなり、うつに移行してしまう方も[注4]。それほどに不眠とうつは深く関わっています。また、うつ病が原因の不眠は薬や快眠グッズなどの効果が薄いため、なかなか改善しにくいのが特徴。改善するにはうつ病の治療と並行して対策する必要があります。

ここではうつ病と不眠の関係や起こりやすい不眠症状を掲載。不眠によって心や体の不調を感じている方は参考にしてみてくださいね。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法
あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法