不眠症改善提案所_TOP » 不眠が続くとどうなるの?睡眠不足の影響 » もしかしたらうつ?不眠症とうつ病の深い関係

もしかしたらうつ?不眠症とうつ病の深い関係

うつ病と不眠の関係

現代人に多い不眠やうつ病。この2つには深い関係があり、どちらか片方の症状にかかってしまうと連鎖的にもう一方も発症しやすくなります[注1]。そんなうつ病と不眠の関係性についてまとめました。「最近気分が落ち込みやすい」「寝つきが悪くなった」という方は、チェックしてみてください。

実はうつ病?重い不眠には要注意

うつ病の患者さんによく見られる症状として、睡眠障害があります。特に寝つきの悪さや早朝覚醒などが多く、うつ病では82~100%の確率で不眠症状が出るのが特徴[注2]。自分で気づきやすい症状のため、眠れないという理由で受診し、気づくケースが多いそうです。

うつ病が原因で眠れない状態が続いている場合、睡眠薬や快眠グッズなどを使って改善しようと思っても思うようにいきません。不眠症状を解消するには、大本であるうつ病を改善する必要があります。診断された場合は、不眠の対策だけでなくうつの治療も合わせておこなってください。

うつ病の症状で見られる不眠の種類

うつ病の症状で見られる不眠症状には、いくつかのタイプがあります。それぞれの特徴について紹介していきます[注2][注3]

入眠障害

ふとんやベッドに入ってもなかなか寝つけず、入眠までに30分以上かかるタイプです。

熟眠障害

眠りが浅く、ちょっとしたことでもすぐに起きてしまいます。このケースでは睡眠時間を十分に摂っても、熟睡感が得られません。

中途覚醒

夜中に何度も目が覚めてしまい、もう一度寝つくのが難しい症状です。

早朝覚醒

朝早いうちから目が覚めるタイプ。眼が冴えてしまい、そのまま眠れなくなってしまうのが特徴です。

4つの不眠症状の中で特に多いのが「早朝覚醒」。単なる不眠症とは違い、早朝覚醒の頻度がかなり高くなります。最近眠りが浅い、寝つきが悪いという方は、早朝覚醒が多くないか確認しておきましょう。

不眠が続くとうつ病になってしまうことも

うつ病になると高い確率で睡眠障害になりますが、逆に不眠状態が続くことによってうつ病に移行するケースも[注1][注4]。不眠症状がある方は、健康な方に比べてうつ病のリスクが4倍も高いと言われています。不眠症になると起きても疲労感が残っていたり、よく眠れずに気分が落ち込んでしまったりすることが多くあります。その状態が続くと悪化し、うつ病になってしまう方も。そのため、不眠が何日も続くのであれば、早い段階で医師に相談しましょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法
あなたにピッタリの眠り方を診断不眠レベルにあわせた改善方法